fc2ブログ

ジョセフ・アルバースの回顧展。(本日猫無し)




ちょっと前に『ジョセフ・アルバースの授業 色と素材の実験室 』に行って来た。

151512-COLLAGE-1.jpg

↑Googleがコラージュしてくれたやつ。




ジョセフ・アルバースは知らなかったけれど、
このテーブルをを知っていて、「この人のデザインなんだ!」と驚いた。

151847-1.jpg

MoMAのお店で、現在¥346,500(税込)で売ってます~ひぇ~




ってな感じで、作品や映像を観て、更に今回は、
ワークショップもあったので体験してきました。




ワークショップの内容は、いくつかありますが、
紹介するのはこちら↓

2023-10-21-2.jpg

上のがM彦作。
下の2つが、上手だなぁ~と思った人の作品。(壁に貼ってある)

これ、透けてるように見えません???




実は、この様なトリック。

152711-1.jpg

テーブルの上に沢山あるカラーチャートの色紙から、
あーでもない、こーでもない、と選んで作ります。




んで、M彦が選んだ3枚。
これらを重ねて、透けてる様に作るんですね~

150518-1.jpg

アルバースは、手を動かし試行錯誤することが最重要と考えていたので、
ワークショップでは、M彦と「試行錯誤」を楽しめて良い体験になりました^^




『 アルバースの授業で体験が重視されているのは、
それによって既存の見方を再考するためであった。
渡米直後のアルバースは自らが教育において目指すものを尋ねられ、
「目を開くこと」(to make eyes open) だと答えたが、「目を開く」という事は、
裏を返せば通常の私たちは「目を開いていない」という事を含意する。
つまり、錯覚や偏見、知識や習慣といったさまざまな要因によって、
私たちはしばしば物事を正確に把握できていない。
アルバースの授業が目指していたのは、
その要因を意識化することによって、知覚を明晰にすることであった。』





なんか考えさせられましたね。

錯覚や偏見、知識や習慣といったさまざまな要因によって、
私たちはしばしば物事を正確に把握できていない。



いろいろ学んだ回顧展でした。



スポンサーサイト



にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
アメリカン・ショートヘアランキング